収縮する速度の速い「速筋」と、そうでない「遅筋」の2種類で筋肉は構成されています。 それぞれ性質が異なっていて、速筋は瞬発力やパワーが優れていますが持久力に乏しく、 遅筋は瞬発力などは劣りますが疲れにくいという性質を持っています。 速筋と遅筋は人によって割合が異なっているので、 人によって得意なスポーツの分野も異なってくるというわけです。 速筋の多い人は短距離走を代表とした瞬発力を求められる競技に向いていますし、 遅筋の多い人はマラソンのような持久力を求められる競技に向いています。 生まれながらに決まっている速筋と遅筋の割合を後から変える事は出来ませんが、 トレーニング方法によってどちらかの筋繊維を意図的に太くすることが可能です。 負荷が強いトレーニングをすれば速筋を鍛えることが出来ますし、 負荷が弱いトレーニングを長く続ければ遅筋を鍛えることが出来ます。 ですが、どちらか一方だけを不自然に鍛える事はあまり良いことだとされず、 両方をバランス良く鍛えるトレーニングが推奨されています。